紫外線対策


日焼け止めの表示SPFとは、日焼け止め指数です。これは、何倍、日焼けしにくくなるかを表示しています。SPF3というのは、日に焼けるまでの時間を3倍に延ばせるということです。夏の日差しの下での日本人の平均的な肌が赤くなるまでの時間は、20分といわれていますので、SPF3の日焼け止めを塗ると、それが60分に延ばせるということです。ここで、勘違いしてはいけないのは、それは皮膚が赤くなるまでの時間であり、シミになるまでの時間とは違います。シミは、子供の頃から浴びた紫外線の影響が、確実に貯金のように蓄積されて、それがいっぱいになった時に、溢れるようにシミとなって現れるのです。
ですから、紫外線の影響ですぐにシミとなって現れなくても、なるべく浴びないほうがいいのです。でも、毎日、SPF50などの強い日焼け止めばかりを塗っていたのでは、どうしても肌に負担を与えてしまいます。そこで、紫外線と日焼け止めのバランスを考えて使わなければいけません。
屋外で過ごす時間が、1日あたり1時間以内の場合でしたらSPF20位のものを使う、というのを基準に、それぞれの肌の様子と外出の度合いなどを考え合わせ、日焼け止めを使い分けると良いでしょう。
SPFは紫外線B波をカットする力なのに対して、A波をカットする数値はPAで表されます。+、++、+++などで表され、+の多い方がカット力が大きいです。
日焼け止めの塗り方によっても、効果は違ってきます。日焼け止めの持つSPF値を出すためには、顔全体に塗る量として、細く絞り出して指2本分の長さの量が必要とされています。重ねづけをすると白塗りのようになり、べたベタするのですが、日焼け止め効果は、それ以上の力を発揮します。反対に薄くつけたりすると、そのSPF分の効果を発揮できないわけです。