肌に危険な紫外線


紫外線によって肌にシミができてしまうことは、今日では誰もが知っていることです。では、どのようなことが肌の中で起こっているのか、ご存知でしょうか?

紫外線は表皮の一番奥にあるメラノサイトという、メラニンを作り出す細胞を活性化させます。これは紫外線に対する皮膚の防御システムで、紫外線が表皮より深くへ入り込まないように、黒い覆いをかけて防いでくれているのです。その黒い覆いが、メラニンという黒い色素なのです。
紫外線に当たらなければ、表皮のターンオーバーによってメラトニンも落ちていき、次第に元の色に戻っていきます。ところが、年齢を重ねるごとに皮膚のターンオーバーのサイクルが長くなるために、メラニンが落ちないで残ってしまったりします。これが、シミとして残るわけです。20歳を過ぎた頃から、個人差はありますが、シミとして残っていくようになります。大人になってからの日焼けは、かなりのダメージとして皮膚に残ります。一度の海水浴で、無数のシミを作ってしまうなどということもありますので、気をつけなければいけません。

知っておいて欲しいのは、強い日焼けではなくても、生活による日々の積み重ねの照射紫外線は、皮膚に悪影響を与えながら、蓄積されていくということです。どんどん皮膚の中で蓄積されたものが増えていき、あるとき、溢れ出すように次々とシミとなって現れ始めます。
また、真皮まで届いてしまった紫外線は、コラーゲン繊維に大きなダメージを与えます。コラーゲン繊維は変形し、固くなり、弾力は失われてしまいます。コラーゲン繊維が弾力を失うと、皮膚全体がだらりと下がってきて、シワが刻まれるのです。

若い頃からの紫外線対策が、年を重ねても美しくいられる秘訣なのです。